印鑑登録は不動産の登記、自動車の登録、公正証書の作成など、権利や義務の発生、変更等を伴う行為について

広く利用されています。

印鑑登録の手続き

印鑑登録の申請は原則として本人が直接窓口で行ってください。代理人による申請の場合は、即日登録はできません。

印鑑登録をされた方には、「印鑑登録証」をお渡しします。

 

申請人 必要なもの 注意点
本人

・登録する印鑑

・顔写真付き身分証明書

※顔写真付き身分証明書がない場合は保証書

(本人に相違ないと保証した書面)

・本人が登録する印鑑、顔写真付きの身分証明書をお持ちいただければ、即日登録、証明書の発行が可能です。

・保証書には、川崎町で印鑑登録をしている方が、登録した印鑑と印鑑登録証をお持ちのうえ、申請人は本人に相違ないことを記入していただきます。

代理人

・登録する印鑑

・本人の身分証明書

・代理人の印鑑(認印)

・代理人の顔写真付き身分証明書

・登録申請受付後、本人あてに照会文書を送付し、登録の意思確認をいたします。

・受け取った文書(回答書)に記入し、再度必要なものとあわせて窓口へお越しください。

 

(1)印鑑登録できる方

  • 川崎町に住民票(住民登録)がある方

  ※15歳未満の方、成年被後見人の方は登録できません

 

(2)登録できない印鑑

  • 住民票に記載されている氏名と違う氏名のもの
  • 氏名以外のものが彫られているもの
  • ゴム印やプラスチックなどの変形しやすいもの
  • ふちがかけているもの
  • 印影の大きさが8mmの正方形より小さいもの、または25mmの正方形より大きいもの
  • 同一世帯ですでに他の方が登録しているもの

印鑑登録証明書の交付

印鑑登録証明書を申請する際は、本人、代理人にかかわらず必ず「印鑑登録証」が必要となります。

※登録している印鑑または印鑑登録証をなくした場合は、あらためて印鑑登録が必要です。

※登録している印鑑を変更したい場合は、一度廃止届をし、再度登録手続きを行ってください。

※町外へ転出した場合は、印鑑登録は自動的に廃止となります。