母子・父子家庭医療助成

 児童(18歳の年度末まで)を扶養している方およびその扶養を受けている児童を対象に医療費と食事療養費の一部を助成します。(所得制限あり)

 

母子福祉資金貸付

 配偶者のない女子で20歳未満の児童を扶養している方、または母子福祉団体等を対象に、無利子または低利で就学資金や事業開始資金等、資金の貸付を行っています。

 

寡婦福祉資金貸付

 寡婦、または40歳以上の配偶者のいない女子で児童を扶養していない方を対象に、無利子または低利で事業開始資金や住宅資金等、資金の貸付を行っています。

母子・父子家庭の相談

 県では、県内の福祉事務所と保健福祉部児童福祉課に母子相談員を配置しています。母子・父子家庭や寡婦の方がかかえるいろいろな問題や福祉資金の貸付等に関して相談に応じます。