障がい福祉サービスについて

障がいのある方に対し,暮らしの支援を行っております。ヘルパーなどに自宅を訪問してもらって受けるサービスや,施設に通ったり入所したりして受けるサービスなど,様々なものがあります。悩みや不安など,困っていることがあれば,保健福祉課へご相談ください。

 また,サービスを利用した時の費用は原則1割負担となりますが,収入状況によっては全額を町が負担します。

 サービスの概要・種類に関しては下記の厚生労働省のホームページをご覧ください。
厚生労働省:https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/shougaishahukushi/service/naiyou.html

対象者

 各種手帳をお持ちの方や難病をお持ちの方

申請方法及びサービス利用までの流れ

1 申請書類の提出
 収入状況によってはサービス利用料が無料となるため,申請書の他に別途収入がわかるものが必要となります。

2 障がい支援区分認定調査
 サービス利用希望者の生活の状況を当町職員が調査を行います。本調査は障がいの状態に合わせて,必要とされる支援の度合いを示すもので,区分が1~6に分けられています。この区分によって利用できるサービスの内容や支給量が決まります。
 ただし,自立や就労を支援するサービスにはこの調査が不要となります。

3 サービス利用計画(案)の作成依頼
 指定相談支援事業者が,サービス利用希望者の意見や状況に合わせた利用計画(案)を作成します。

4 契約
 実際にサービスを利用する事業所及びサービスの利用状況を検証し,見直しをする指定相談支援事業者と利用契約をします。

5 サービスの利用開始 
一定期間ごとに利用状況を検証し,見直すためのモニタリングを指定相談支援事業者が行います。

申請書様式

障がい福祉サービス申請書[rtfファイル]

市町村民税等調査同意書[rtfファイル] 

世帯状況・収入申告書[rtfファイル]