新型コロナウイルス感染症の影響を受けている子育て世帯の生活を支援するため、「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」として、児童手当を受給する世帯に対し、臨時特別の給付金(一時金)が支給となります。

※現時点の情報は、内閣府のホームページ(下記)をご覧ください。

令和2年度子育て世帯への臨時特別給付金について(新型コロナウイルス対応に関する通知・事務連絡等)(外部サイトへリンク)

 

給付金の概要

目的

新型コロナウイルス感染症の影響を受けている子育て世帯の生活を支援する取り組みとして、児童手当を受給する世帯(平成16年4月2日から令和2年3月31日までに生まれた子どものいる世帯)に対し、臨時特別の給付金(一時金)を支給するものです。

支給対象者

対象児童に係る令和2年4月分(児童の年齢到達又は死亡により令和2年3月分の支給を受けた方を含む。)の児童手当受給者が対象です。

※所得制限限度額以上のため、特例給付として児童一人につき月額5,000円の支給を受けている受給者は支給対象外となります。

※令和2年4月分の児童手当の支給を配偶者(DV加害者)が受けている場合でも、DV被害によりお子さんとともに避難されている方については、子育て世帯への臨時特別給付金の支給を受けることができる場合があります。住民票を動かす必要はなく、配偶者のいる市町村に連絡する必要もありません。他方の配偶者等は支給を受けられません。(詳細は後日掲載いたします。)

※児童養護施設等へ入所中のお子さんについては、児童養護施設等の設置者が支給対象となります。

対象児童

令和2年4月分の児童手当が支給される児童が対象です。(年齢到達又は死亡により令和2年3月分の児童手当が支給される児童を含みます。)

※令和2年3月31日までに生まれた児童が対象です。

支給額

対象児童一人につき1万円です。

また、川崎町独自で児童一人につき、1万円を上乗せして支給します。

支給方法

児童手当登録口座へお振り込みします。(令和2年3月31日時点でお住まいだった市区町村から振り込まれます。)

※資格喪失等により振り込み前に児童手当の支給が行われている場合は、最終振込口座にお振り込みします。

支給に係る申請について

公務員以外の支給対象者の方は申請不要です。(事前に支給対象者あてお知らせの通知は送付します。)

公務員については、勤務先から申請書が配布されますので、支給対象者であることの証明を受けたうえで、川崎町へ申請していただきます。

支給開始時期

公務員以外の対象者の方については速やかに支給できるように準備を進めてまいります。詳細は追ってホームページ等でお知らせいたします。