令和2年5月25日に通知カードが廃止されます。

【廃止後の通知カードの取扱い】 

 以下の手続きが出来なくなります。

 ・新規発行及び再発行

 ・住所や氏名などの記載事項の変更など

 転入や婚姻などで氏名や住所に変更がある方は、廃止前に変更手続きを行ってください。

 

【通知カードの記載事項の変更について】

令和2年5月24日までは、通知カードの記載事項(氏名、住所等)の変更ができます。
本人もしくは同一世帯員が手続きする場合

〔必要なもの〕 

 ①通知カード

 ②届出人の本人確認書類(下記のア1点又はイの2点)

  ア 官公署発行の顔写真付きの本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)

  イ 健康保険証、介護保険証、年金手帳など

代理人申請の方が手続きされる場合

〔必要なもの〕

 ①通知カード

 ②届出人の本人確認書類(下記のア1点又はイの2点)

  ア 官公署発行の顔写真付きの本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)

  イ 健康保険証、介護保険証、年金手帳など

 ③委任状

 

【廃止後のマイナンバーを証明する書類】

 ・マイナンバーカード

 ・マイナンバーの記載された住民票

 ・通知カード(氏名、住所等が住民票の記載されている事項と一致しているものに限る)

 ※廃止後に出生等で新たに個人番号が付番された方は「個人番号通知書」により通知されますが、番号確認書類としては利用できません。