新型コロナウイルス感染症への感染の懸念から、医療機関への受診を控える傾向が強まっています。

しかし、自己判断で受診を控えると、慢性疾患の病状悪化や免疫力低下により健康上のリスクを高めてしまう可能性があります。

医療機関では、感染防止対策が行われていますので、具合が悪いときなど健康に不安がある場合は、まずかかりつけ医に相談しましょう。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。


●厚生労働省ホームページ「上手な医療のかかり方」(外部リンク)