水道水の測定結果

 各浄水場において、水道水中の放射性物質の測定を実施しておりますが、水道水の放射性物質はいずれも不検出であり、飲用には問題ありません。

 【採水日:平成25年3月15日】

採水場所 放射性ヨウ素
I-131
/Bq kg
放射性セシウム
Cs-137
/Bq kg
放射性セシウム
Cs-134
/Bq kg
 野上浄水場 検出されず 検出されず 検出されず
 碁石浄水場 検出されず 検出されず 検出されず
 青根浄水場 検出されず 検出されず 検出されず
 本砂金浄水場 検出されず 検出されず 検出されず
 国の安全指標値 100 200 200

※過去の採水結果→水道水の放射能測定結果.pdf [55KB pdfファイル] 

市町村水道事業における浄水発生土の放射能物質の測定結果について

10月6日に市町村の水道事業で発生した浄水発生土について、東北大学の協力を得て、放射性物質の測定を行いましたのでその結果についてお知らせします。

いずれも管理型処分場に埋立可能なレベルである8,000Bq/kgを下回っていました

浄水場名
(所在地)
試料名 検出された放射性物質  (Bq/kg)
   

放射性ヨウ素
I-131 

放射性セシウム
Cs-137

放射性セシウム
Cs-134

放射性セシウム
Cs-137+Cs-134

碁石浄水場
(支倉字観音堂山)
生汚泥  不検出 190  158 348

 

今後の対応
 これらの浄水発生土については、浄水場内に適切に保管いたしますが、平成23年6月16日付け厚生労働省健康局長通知「放射性物質が検出された浄水発生土の当面の取り扱いに関する考え方について」に基づき、今回の検査結果を踏まえ適切に取り扱いを行ってまいります。 

「放射能情報サイトみやぎ」では、県内における最新の測定値が確認できます

放射能情報サイトみやぎ 放射能情報サイトみやぎ 携帯版