ようこそ「町長の部屋」へおいでくださいました

 
「一日町長に任命します」辞令を読む小山町長。このあと半沢町長は、職員を前にあいさつ。「10年前、現在の技術革新を予想することはできなかった。だからこそ、私たちは新しいことに常に挑戦していかねばなりません。小山町長のもと職員の皆さんが、ひとつになって前向きに進んでいくことを望みます」と堂々のスピーチ。半沢町長は昨年の12月に続いて2度目の町長就任。スピーチの内容も表現力もすばらしく、取材に来ていたテレビ局のメンメンも驚いていました。 8月13日 午前11時30分 役場3階議場にて


ふるさと納税の返礼品「一日町長体験」に応募された半沢龍之介さん(40)が、川崎町を訪れました。 『納税のお礼に品物を送るだけでなく、体験をしてもらう。しかも、町長の体験をしていただく。』 この企画、職員のアイデアから実現。マスコミにも取り上げられ、注目度満点。すごいっちゃ!

中国から町内に嫁ぎ外国人相談員も務めている田中麗華さんと意見交換。半沢町長も中国で生まれ育ち大学卒業後、日本に移住。会社員を経験して独立。現在3つの会社を経営。2人とも日本語がとても流暢だ。 夏祭りの花火大会でスピーチ。当日は、町長体験記念の「光るうちわ」を1,000枚用意。お客様に配布しました。「うちわもめのないように?」
視察を兼ねて、イーレ!はせくら王国で昼食。食べていても食材への質問やビジネスのアイデアの話など尽きることがない。
 
工事中のセントメリースキー場サマーゲレンデにも足を伸ばす。暑さなど気にしない。どんどん斜面を登っていく。足腰には自信のある小山町長も、たじたじである。

 

 

町長プロフィール

 

氏名

小山 修作(おやま しゅうさく)

生年月日

昭和32年8月14日

就任日

一期 平成23年8月28日(54歳)
二期 平成27年8月28日(58歳)

出身地

宮城県川崎町

趣味

映画鑑賞 読書 博物館めぐり

好きな言葉

地道な行動が最大の自己アピールになる

学歴

川崎町立本砂金小学校卒業
秋保町立秋保中学校 卒業(現 仙台市立)
国立宮城高専 中退(名取市)
宮城県農業高等学校秋保分校 卒業
東北学院大学 経済学部(夜間) 卒業

経歴

川崎町青年団 団長
川崎中学校PTA会長
川崎町議会議員(2期)

青年団時代は演劇の脚本(青春のきら星たち)など青春3部作を書きあげ、上演また、さだまさしコンサートで川崎中学校の体育館に1,200人を動員
すべてはすばらしい仲間のおかげ

 



 

関連ページ

 

施政方針   町長交際費  過去のあいさつ