ようこそ「町長の部屋」へおいでくださいました

 小山町長就任演説 職員に結束を語りかける



多くの町民と職員を前に、就任の演説をする小山町長。
学生時代から愛用の細いネクタイ。現在は青いネクタイ
青ネ、青根がトレードマーク。スーツは、濃紺のブルッ
クス・ブラザーズ。大切に大切に手直しをして着ていま
す。 8月28日 午前9時ころ 役場内議場にて

 

みなさん、おはようございます。
8月4日の町長選挙で3選を果たさせていただいた小山修作です。
本日、私は、私たちの目の前にある仕事に、心から謙虚な気持ちで向き合い、町民のみなさんから託された信頼に感謝し、先人たちが行ってきた営みに思いをはせながら、ここに立っています。
思えば、これまで多くの先輩たちが町づくりの先頭に立ちました。

貧しさゆえに、子供たちに食べ物や教育の場を与えられなかったり、年老いた人々に十分な医療を提供できなかった時代もありました。
しかし、どのようなときも、この町が存続できたのは、指導者の存在や力量だけでなく、ここに住む人々の努力と忍耐があったからなのです。
そしてなにより、この役所に集うみなさんや、みなさんの先輩方のご尽力があったからなのです。

私は、8年前、この場所で、ここから申し上げました。初当選の翌日、初登庁の就任演説です。

今から1400年前、日本で初めての憲法が制定されました。古代日本の開明的知識人であり、希有な理想主義をもつ政治家、聖徳太子の17条憲法。
17条のうち5ヶ条は、役人のあり方についてのものでした。
第 4 条。役人は、礼儀をきちんとつくすように。
第 8 条。役人は、仕事を怠けてはいけない。朝早くから勤めなさい。
第12条。役人は、人民のひとりにすぎない。いばってはいけない。
第13条。役人は、お互いの仕事について理解しあうこと。
第14条。役人は、ほかの人が偉くなるのを、ねたまないように。
17条の憲法は、町長、議員、役人いや、すべての人々の生き方の指針となるべきものでありましょう。
さて、今回の町長選挙、二人が立候補いたしました。二人とも町長を経験し、この町を愛し、この町を思い、この町に住む人々を大切に思っています。だからこそ、信念をもって戦うことになるのです。

戦いは終りました。勝者も敗者もありません。今日が、始まりです。どこを見ても、取り組まなくてはならないことがあります。
ドイツの政治家であり文学者であったゲーテは、こう言いました。

仕事をするには仲間が必要だ。 仕事をすると仲間が増えてくる。

私たちは、この町に集い、この町に営み、この町に働く仲間です。
これからも、子供たちが、孫たちが、次の世代が、希望と美徳とともに歩んでいけるよう、多くの先人たちが、凍てつく流れにいどみ、困難を耐えしのんだように、お互い、仲間として協力しあい、支えあっていこうではありませんか。
ここには、人材と機材と予算と、みなさんの誠意があるのです。
これまでの町づくりへの御尽力に町民を代表して感謝申し上げます。
これからの道も険しいものでありましょう。しかし、ここに集ったひとりひとりが、初心に返って努力していきましょう。町づくりは、私たちの双肩に懸かっています。

 

町長プロフィール

 

氏名

小山 修作(おやま しゅうさく)

生年月日

昭和32年8月14日

就任日

一期 平成23年8月28日(54歳)
二期 平成27年8月28日(58歳)
三期 令和 元年8月28日(62歳)

出身地

宮城県川崎町

趣味

映画鑑賞 読書 博物館めぐり

好きな言葉

地道な行動が最大の自己アピールになる

学歴

川崎町立本砂金小学校卒業
秋保町立秋保中学校 卒業(現 仙台市立)
国立宮城高専 中退(名取市)
宮城県農業高等学校秋保分校 卒業
東北学院大学 経済学部(夜間) 卒業

経歴

川崎町青年団 団長
川崎中学校PTA会長
川崎町議会議員(2期)

青年団時代は演劇の脚本(青春のきら星たち)など青春3部作を書きあげ、上演また、さだまさしコンサートで川崎中学校の体育館に1,200人を動員
すべてはすばらしい仲間のおかげ

 



 

関連ページ

 

施政方針   町長交際費  過去のあいさつ