ようこそ「町長の部屋」へおいでくださいました

いい働きぶり 男ぶり女ぶり 楽しみな早苗(さな)ぶり

 

昭和32年6月。前川の人々。馬や牛を使うこともあったが、農作業の大半は、人手がたより。一段落すればごちそう作って早苗ぶり4 4 4 4 。惜しみなく働き、惜しみなく汗を流し、惜しみなく愛する。子供たちがどんどん生まれ前川分校は、翌年、1教室を増築し4教室となるも、5・6年生は以後、32年間、本校に通うことに。分校には「へんじ・あいさつ・あとしまつ」の目標があった。前川の人々は明るく、働き者。そして、老いも若きも足が速い。本校での年に一度の運動会ではだいだい色の鉢巻をしめた前川チームは無敵で、特に女子はずばぬけていたという。
ちなみに私は、この写真が撮られた2カ月後のお盆に生まれた。

 

前川の大地と大空の中で


前川小学校は、今から139年前、前川字中西(現在の観音堂)の地に分教場として開設され、以後、2度の移転を経ながら分校、独立と変遷してきました。
この間、多くの子供たちが、前川の大地と大空の中で、知恵をつけ体力をつけてきたのです。また、地域の人々も学び舎に集い、子供たちを見守り支え続けてくれました。
このことは、子供たちに寄り添ってきた先生方と地域の人々の協力の歴史でもあります。
しかしながら、全国的に広がっている少子化の波は、川崎町においても例外ではなく、前川小学校も年々児童数が減少しており、今年度をもって学校を閉じる決断を致しました。

未来ある子供たちのため


長い間、子供たちの元気な声が弾んだ学校、故郷の中心となってきた学校、人々の心の支えとなってきた学校。思い出深い学校を閉じることは地域の皆様にとって、卒業生の方々にとって、とても、辛く、悲しいことではありましょうが、未来ある子供たちのため、ご理解いただきましたことに、心より感謝と御礼を申し上げます。
4月より、前川の子供たちは「川崎小学校」の名のもとに、新しい仲間たちと共に大きな一歩を踏み出すことになります。
時あたかも、コロナの時代。学校を閉じるにあたり、子供たちや保護者の方々、地域の皆様方が望んでいたであろう行事を大々的に開催できなかったこと、本日の閉校式も、限られた人の参加でしか開催できなかったことに残念さもにじみますが、人を大切にする心、人の思いを感じる心、人の為に尽くす心は、前川の子供たちの胸にしっかりと根付き芽吹いています。
やがて、その優しく強い心は、子供たちの未来に大きな花を咲かせ豊かな実を結ぶことでありましょう。そして、この国を、この町を、私たちを導いていくことになります。
最後になりますが、前川地区を支え、前川の学び舎を支えてきた、多くの先輩方、多くの先生方、そして本日、ここに集まってくださった全ての方々にお礼の気持ちを込めて式辞と致します。

令和3年2月27日 前川小学校閉校式にて


中西の観音堂から現在、㈱T・K・Kの工場がある大向に校舎が移ったのは95年前の大正15年3月。1~3年で1教室、4~6年生で1教室に職員室と教員住宅が完成。その後、昭和23年に1教室が増築され3学級複式となる。写真は昭和28年、元気よく学校植林の作業に出発する子供たちと先生方。山も木も財産そのものの時代である。
満開の桜の大木の下で走り回る子供たち。白い2階建ての校舎は昭和46年2月に完成。平成2年3月閉校。19年間使用された。 伝説のだいだい色の鉢巻
PTA地区対抗リレーで優勝。
オリンピック選手みたい。昭和34年9月
川崎小学校には多くの分校があり、運動会は、分校の子も地区民も集まる。地区対抗リレー、これはすごかった。応援もおどげでねぇ。
コースに飛び出すおばあちゃんたち
「ほれ、がんばれ!がんばれ!」
校舎の前で 昭和52年

 

写真提供:川崎町立川崎小学校前川分校
閉校記念誌 ももとせ 平成2年2月発行より

 

 

 

町長プロフィール

 

氏名

小山 修作(おやま しゅうさく)

生年月日

昭和32年8月14日

就任日

一期 平成23年8月28日(54歳)
二期 平成27年8月28日(58歳)
三期 令和 元年8月28日(62歳)

出身地

宮城県川崎町

趣味

映画鑑賞 読書 博物館めぐり

好きな言葉

地道な行動が最大の自己アピールになる

学歴

川崎町立本砂金小学校卒業
秋保町立秋保中学校 卒業(現 仙台市立)
国立宮城高専 中退(名取市)
宮城県農業高等学校秋保分校 卒業
東北学院大学 経済学部(夜間) 卒業

経歴

川崎町青年団 団長
川崎中学校PTA会長
川崎町議会議員(2期)

青年団時代は演劇の脚本(青春のきら星たち)など青春3部作を書きあげ、上演また、さだまさしコンサートで川崎中学校の体育館に1,200人を動員
すべてはすばらしい仲間のおかげ

 



 

関連ページ

 

施政方針   町長交際費  過去のあいさつ