ようこそ「町長の部屋」へおいでくださいました

がっちり連携 しっかり前進!

郡市長を中心に仙台市議会の方々と。川崎町議会の皆さんが脇を固める。バイパス整備事業の原動力となるメンメン。
5月18日 午後3時ころ


42年前に協議会を発足

川崎町と仙台市は、昭和51年に連絡協議会を発足。「国営みちのく公園の早期完成」や「国道286号バイパス建設促進」など共通の課題解決に向けて、意見交換や研修を続けてきました。みちのく公園が平成26年に全園開園したことから、残る重要課題は、町民の悲願、国道286号バイパス工事の完成です。

協議会、関係者の皆様方のご尽力により事業は平成28年度に着手されました。改めて、これまでこの問題についてご苦労されてきた多くの先輩方に心より敬意を表し感謝するものです。

国道286号は、仙台市と山形市を結ぶ重要な路線です。バイパスの完成は、町民の永年の悲願であるとともに、利用者の切なる願いでもあります。
川崎町は、仙台市とがっちり連携し、事業がしっかりと前進していくよう努力していかねばなりません。

仙台市長の先祖は川崎村長?
今年度の協議会総会で新たなメンバーとなった郡和子仙台市長。市長の先祖は、100年前、川崎村の村長を務めた沼田周治氏です。

沼田氏は、助役や村長として14年間、明治・大正時代の村政を担い実績を挙げました。特筆すべきことには、関東大震災の前に、当時、最新のガソリンエンジンの消防ポンプを注文したり、仙台市長町から山形市に至る県道(現在の国道286号)の整備を進めたことです。

野球の大谷翔平選手が、100年前のベーブ・ルースの記録と比較されましたが、100年の時を越えて川崎村のリーダーの思いを、ひしひしと感じたところです。

ちなみに、郡市長は、私と同じ秋保中学校出身で、市長が1年先輩です。美人で勉強も1番。才色兼備を地で行くような人でした。

国道28 6号バイパス 一部工事着手!!

「私の義弟は、37年前、碁石川に架かる橋のたもとから車ごと川に転落しました。安全な道路をドライバーに提供
するため協力してください。」話が終わると拍手が沸き起こる。 9月27日午後7時55分 仙台市南赤石集会所


事業説明会に出席

9月末、仙台市南赤石集会所で国道286号バイパス整備事業の説明会が開催されました。関係地権者21名を前に仙台市建設局の担当者が、事業概要や設計内容、用地取得、今後のスケジュールを説明。 
私と眞壁範幸議長も出席。宮城県側からも担当者が同席しました。

一筋縄でいかぬ交渉が
この事業の難しい所は、バイパス予定地が、仙台市分と宮城県分の2つに分かれていることです。それゆえ川崎町の歴代の指導者たちは、2つの関係機関に、同時に交渉を続けざるを得なかったのですが、ここで忘れてならぬのが、42年前、3期目の齋藤忠夫町長と議長に就任したばかりの丹野正人氏が仙台市に働きかけ、前述の連絡協議会を発足。 

その後、釜房ダムの水質維持も含め、持ち上がったダム上流の下水道建設は、仙台市と川崎町が応酬する問題に発展。仙台市側との妥協点を見出した当時の大浪正志町長と議会議員の方々は、仙台市側との信頼関係を深めることに。協議会は、信頼関係と実績を持つことになります。

今後の予定
さて、仙台市側は、既に用地測量、橋梁予備設計、トンネル予備設計を完了しており、今年度は土地境界確定、道路詳細設計、橋梁詳細設計、トンネル詳細設計を実施するとのこと。用地については、今年度から4年計画で工区別に買収する予定。 
また、今年12月から一部の工事に着手し、工期はこれより、概ね10年と示されました。

工事には反対しない早く買収を 
その後、質疑応答では、地権者から「何十年も前から計画が示され、うやむやになってきた。土地を使えず土地を売れず困っている。工事には反対しない。一刻も早く買収してほしい」という意見があり、多くの人がうなずく中、最後に私から、「バイパス完成は、川崎町にとりましても永年の悲願です。安全な道をドライバーに提供するために、ぜひともご協力をお願いします。私たちも、しっかり働きかけます。」

 

町長プロフィール

 

氏名

小山 修作(おやま しゅうさく)

生年月日

昭和32年8月14日

就任日

一期 平成23年8月28日(54歳)
二期 平成27年8月28日(58歳)

出身地

宮城県川崎町

趣味

映画鑑賞 読書 博物館めぐり

好きな言葉

地道な行動が最大の自己アピールになる

学歴

川崎町立本砂金小学校卒業
秋保町立秋保中学校 卒業(現 仙台市立)
国立宮城高専 中退(名取市)
宮城県農業高等学校秋保分校 卒業
東北学院大学 経済学部(夜間) 卒業

経歴

川崎町青年団 団長
川崎中学校PTA会長
川崎町議会議員(2期)

青年団時代は演劇の脚本(青春のきら星たち)など青春3部作を書きあげ、上演また、さだまさしコンサートで川崎中学校の体育館に1,200人を動員
すべてはすばらしい仲間のおかげ

 



 

関連ページ

 

施政方針   町長交際費  過去のあいさつ