▲熱弁をふるう小山町長

11月13日、尚絅学院大学の特別講義で小山町長が講師として教壇に立ちました。

生徒約90名を前に、町長の仕事やこれからのまちづくり、若者に期待することなど自身の若いころのエピソードを交えながら熱弁しました。

講義には、川崎町役場の若手職員4名も加わり、グループ討議で生徒たちと意見を交わしました。