農地法に関連した農業委員会の業務を紹介します。

農地法の許可による許可申請

 農地の売買・貸借・転用などを行うときは、原則として農地法の規定により農地の属する農業委員会または県知事の許可が必要です。

 詳しくは、農業委員会までお問い合わせください。

代理申請

 行政書士でない者が官公署に提出する書類の作成を業として行うことは、法律で禁じられています。

(他の法律で定めのある場合を除く。)

農地法第3条許可申請

 農地を耕作目的で権利移動(賃貸借、使用貸借、売買、贈与、交換など)を行うときは、原則として農地法第3条の許可が必要になります。

 当委員会では、農地法3条許可に係る標準処理期間を20日とし、毎月10日(土曜・日曜・祝日となった場合はその翌日)を申請締切日としています。

 なお、申請に当たっては下記の要件を全て満たす必要があります。その他、詳しい内容は、農業委員会事務局へ確認してください。

1.    全部効率要件 (農地のすべてについて、機械の所有状況や労働力、技術など効率的に耕作すると認められる場合)

2.    常時従事要件 (年間150日以上農作業に従事していると認められる場合)

3.    地域調和要件 (地域の農業者と一体となって、水利調整など行えると認められる場合)

4.    下限面積要件 (取得後の農地の面積が原則として50アール以上耕作すること)

農地法第3条許可申請書 

農地法第3条許可申請書 記入例 

農地法第3条許可申請書 必要書類一覧 

農地法第4条許可申請

 自己所有の農地を転用(農地を農地以外にすること)するためには、原則として農地法第4条の許可申請が必要になります。
ただし、転用目的が農業用の施設であって、転用面積が2アール以内の農業用施設への転用は許可が不要です。

 (農業委員会への届出をお願いします。)

農地法第4条許可申請書様式  

事業計画書概要 (第4・5条共通)

事業計画書概要 記入例  

農地法第4・5条許可申請書必要書類一覧 (第4・5条共通)

農地法第5条許可申請

 農地を転用目的で権利移動(貸借、売買など)を行うときは、原則として農地法第5条の許可申請が必要になります。

農地法第5条許可申請書様式  

農振法第5条許可申請書 記入例  

 農地の現状変更

 農地の現状(形状)を変える(切土・盛土30cm以上)場合、または2a未満で農作物・畜産に係る施設を建設する場合は、川崎町農地現状変更指導要綱により「農地現状変更届出書」の届出が必要となります。また、施工期間は、6カ月以内とします。

 なお、上記以外の場合や廃棄物の処理及び清掃に関する法律、採石法、砂利採取法等の他法令の対象となる場合は、許可が必要となります。

 詳しくは、農業委員会までお問い合わせください。

農地現状変更届出書  

農地現状変更届出書 誓約書  

所有者同意書  

完了報告書