川崎町教育振興基本計画(第2次)

川崎町で学び、育み、生きがいのある未来を拓く

策定の趣旨

平成22年11月に「川崎町教育振興基本計画」を策定し、本町教育が目指す「生きる力」と「深い郷土愛」を培う教育の実現に向け、具体的施策を掲げ、取り組んできました。

人口減少と少子高齢化の進行等により、子供や社会を取り巻く環境が変化していることに加え、地方教育行政の組織及び運営に関する法律が改正され、改めて教育施策の方向性等を示す「第2次川崎町教育振興基本計画」を平成27年4月に策定したものです。 

計画期間

平成22年度を初年度とし、平成31年度を目標年度とする10年間の計画。

第2次:平成27年度~平成31年度の5年間

(平成22年11月策定の計画を見直し)

本町教育の目指す姿

「学校」、「家庭」、「地域」、「行政」が子育てにおけるそれぞれの役割・責務を再認識し、子供にかかわるすべての人が一体となって、「生きる力」と「深い郷土愛」を培う教育の実現を目指します。

計画の目標・施策

「目指す姿」の実現に向けて、4つの「計画の目標」のもと、15の施策に分類し、全部で65の取組を実施します。

計画の目標

①夢の実現に向け、確かな学力を身に付け、社会の変化に主体的に対応できるたくましい人間の形成

②社会の一員として、規範意識や生命を尊重し、思いやりの心に富んだ人間の形成

③学校・家庭・地域・行政の連携強化を図り、地域全体で子どもを温かく見守り育てる環境づくり

④生涯にわたる「町民ひとり1学習・1スポーツ・1文化活動」を通し、充実した人生を送るための地域社会づくり

内容

川崎町教育振興基本計画(第2次・平成27年4月策定) [596KB pdfファイル] 

(資料)町民意識調査結果 [261KB pdfファイル] 

概要版(表) [162KB pdfファイル] 

概要版(裏) [418KB pdfファイル]